愛していたワンちゃん猫ちゃんの為に!ペット火葬に備える事と豆知識をご紹介します!

このサイトでは大切にしていたわんちゃんや猫ちゃんを亡くしてしまった時に備え、ペット火葬についてぜひ覚えておきたい豆知識などを紹介していきます。
火葬を行うことにおける魅力や注意しておきたい点、そして火葬の主な流れや事前に準備しておきたいことなどについても詳しく触れていきます。
いざという時に慌ててしまって「こんなことしてあげたかったな」など後になって後悔しないないためにも、事前にしっかりと基礎知識を学んでおきましょう。

愛していたワンちゃん猫ちゃんの為に!ペット火葬に備える事と豆知識をご紹介します!

大切なわんちゃんや猫ちゃんを供養するペット火葬。
そんなペット火葬における主な流れは、まず愛するペットを看取った後はペット専門の葬儀業者への連絡をすることから始まります。
ここで慌てずスムーズに進めていくための豆知識として、費用や葬儀の種類などは、複数の業者から事前に見積もりをとっておくことです。
ペット火葬業者への依頼が済んだら火葬、場合によっては葬儀です。
その後は骨壷に収骨し、骨壷をお墓に埋葬するか家へ持ち帰るのが一般的な流れになります。

ペット火葬のためには相応の費用等の準備や心の準備も必要になります!

最近はペットも家族の一員、このような理由からペット火葬やペット霊園への埋葬を考える人も増えているようです。
ペット火葬を行う場所は、民営の火葬場やペット葬儀を専門にしている業者の施設、ペット霊園に併設されている火葬場などがあるのですが、人間とは異なり犬や猫は体が小さいなどからも大型犬以外の犬や猫を人間の火葬で利用するような施設で処理を行うと骨が跡形もなくなってしまうのではないか、このような疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
一戸建て住宅に住んでいる人の中には、庭の一角に亡骸を埋葬していた人もいるけれども衛生面で考えるとそのまま亡骸を埋めることは良くない、これもペット火葬に注目が集まっている理由の一つといえましょう。
ただ、専門業者に依頼する形になるので費用が発生することは把握が必要ですし、ペット火葬をすることに対する心の準備も必要不可欠です。
火葬することで骨の状態になるけれども、これは一つの供養と考えることも重要です。

トラブル回避のために知っておきたい!ペット火葬の手順や段取りについて

大切なペットが死んでしまったとき、ペット火葬で安らかな眠りに名どのように考える人は多いといえます。
ペット火葬までの手順としては最初に瞼を閉じてあげて手足を胸の方に優しく折り曲げてあげてから、全身を温かいお湯で絞ったタオルやガーゼなどを使い全身を清めてあげましょう。
夏時期などの場合は腐敗のリスクも高くなるので冷やしてあげることも大切、後は火葬場まで運ぶことができるものに安置します。
犬の場合は、犬の死亡届を死後30以内に自治体に提出するなどの段取りがあることも覚えておく必要があります。
火葬場へ連絡を来なってから場所や火葬の方法、予算や希望の日時など双方が納得できるよう話し合いを行います。
ちなみに、ペット火葬には個別火葬や合同、出張などの3種類があるのですがいずれの場合も口コミ評判をチェックして親切丁寧な対応をしてくれる業者を選ぶこと、これもペットが安らかに眠るために欠かせない作業になることも理解しておきましょう。

合同火葬はお骨が残らない!ペット火葬に見られるトラブルの実例

合同火葬を考える場合には、将来的にペットの骨を返還してもらえないことになるためその点を知っておかなくてはいけません。
一般的に、ペット火葬には2つの種類が存在します。
それぞれ、合同と個別の2つの種類です。
一緒になってペット火葬を行ってもらうと確かに料金を安く済ませられるメリットも存在します。
しかし、個別に火葬を行うわけではありませんので、後から骨の返還を行ってもらうことができなくなります。
ペットの骨を返還してもらいたいときには、きちんと個別に火葬を行うサービスを利用しなくてはいけません。
この個別のペット火葬でも、立ち合いを行うことができるものが存在し、これを選択しておけばトラブルなく骨を返還してもらえます。
骨を残したいと考えている場合には、何よりもペット火葬の種類やそのオプションに関してきちんと考えておく必要があります。
プランを間違えると何も残らなくなってしまいますのでこの点を理解しておきましょう。

お骨は必ず返してほしい場合のペット火葬は個別火葬や立会火葬がお勧めです!

ペット火葬には個別や立会、合同などの種類にわけられます。
合同の場合他の家のペットと一緒に火葬されてしまうので、自分のペットのお骨を取り出すことは難しく、一般的にはそのまま合祀墓などに埋葬されてしまいます。
費用は抑えられるものの後で後悔することも多いので、どのような方法にするかは慎重に考えなくてはなりません。
ペット火葬後にお骨を返したい場合は一任とも呼ばれる個別か立会を選択します。
これらの方法はペット火葬会社が代行して行うのか、人の葬儀のような形をとるのかの差であり、どちらもお骨を返却してもらうことができます。
特に立会では火葬はもちろんのことお骨上げもすることができるので、最期までしっかりとペットのことを考えることが可能です。
なお一任の場合ペット火葬業者によっては返却せずに、そのまま合祀墓に埋葬することもあります。
家族に返してもらえるか、事前に確認することを忘れないようにすることが大切です。

ペット火葬で注意しなければいけない事その①火葬にかかる時間を事前確認しておこう

ペット火葬を行う場合、どの程度かかるのかわからないことがあります。
ペットの種類や大きさにもよりますが、犬や猫の場合はおおよそ45分から2時間半ほどとなっています。
体の大きさと体重によって異なっており、3kg前後のうさぎやチワワなどの小さなペットであれば45分、パグなど中型犬は60分から75分です。
中型犬以上では体重が15kgから25kgとなるので90分ほどとなり、25kgを超えるゴールデンリトリバーは3時間ほどかかることがあります。
ペット火葬は犬や猫が多いのですが、ハムスターやモルモットなど小動物も行うことがあります。小動物の場合は体の小ささと体重の軽さから30分前後となっており、比較的早く済んでしまいます。
ペット火葬中は待合室で待機をしますが、体重が軽ければ軽いほど待ちが少なく、あっという間に終わることが多いです。
ですが大きくなるにつれ長くなるので、その間に何をしているのかを考えておくと良いでしょう。

ペット火葬で注意しなければいけない事その②ペットと一緒に火葬できるアイテムの把握

ペット火葬をする場合、ペットが大切にしていたものや大好きだったおもちゃ、好んで食べていたおやつなどを入れて一緒に入れたいと考えます。
ですが人と同じように炉が傷んでしまうことがあり入れてはいけないアイテムもあります。
ペット火葬で入れても良いアイテムには、写真や手紙、メッセージカードや少量のおやつ、ごはんやお花となります。
おもちゃ類はゴムやプラスチック系のことが多く、たとえ小さいものであっても一緒に火葬してしまうと黒煙が発生したり独特の臭いが出たりしてしまいます。
黒い塊となることもあるので、お骨上げの際に影響を及ぼしてしまい、うまく拾い上げることができません。
同じような理由から、おやつやごはんに関しても容器にいれたまま火葬しないのがルールです。
ネコや犬の場合缶やアルミパウチに入っていることが多いのですが、火葬をする場合はそれらの容器から取り出し、そのまま入れるようになります。
タオルやクッション、リードや洋服も火葬できないので注意が必要です。

ペット火葬で注意しなければいけない事その③喪主の飼い主の服装マナーを知っておく

ペット火葬のときにはどのような服装が好ましいのだろうか、これは飼い主さんにとって悩むケースが多い部分です。
基本的には普段着で構いませんし、全国各地にあるペット火葬が可能なペット霊園での共通事項です。
ただ、ペット霊園の中には普段着ではなく特別な服、例えば喪服まではではないけれども黒などを基調にしたもので、なるべく派手ではないものなどのように指定されることもありますので、ペット火葬を執り行う施設などに対して事前に確認しておくと安心です。
また、お葬式は悲しみに包まれた行事になるわけですから、派手な色や飾りがついているような洋服は避けなければなりません。
喪主だからといって人間のお葬式のような喪服を着る必要はないのですが、靴や洋服などは基本的に黒をベースにすること、黒だと喪服みたいに見えてしまうなどの場合はグレー系などの落ち着いた色合いの服装を心掛けておけば良いですし、中には普段着の方がペットが安心してくれるなどの考え方もあります。

ペット火葬で注意しなければいけない事その④火葬後の埋葬方法尾や納骨方法を把握

ペット火葬により愛犬や愛猫などのペットは骨だけになるわけですが、ペット火葬には個別に火葬する種類と複数のペットと一緒に火葬方法が存在します。
他のペットと一緒に行えば当然ながら遺骨は他のペットと混ざってしまうので、単独の墓地に入れたいといったときには不可能になってしまいます。
そのため、埋葬するときに個別のお墓に納骨となったときには個別火葬を選択する必要があります。
ペット霊園を利用してペット火葬をされる人が多いようですが、ペット霊園にも個別のお墓と合同墓の2つがあるので、火葬後に個別墓地や納骨堂などの利用を検討されている場合は他のペットと遺骨が混ざると埋葬が難しくなるので注意が必要です。
なお、ペット霊園の合同埋葬はペット火葬での選択に関係なく他のペットとおまとめて遺骨が安置されることになる、合同と比べると金額が高くなるなど費用面においても考慮した上で最も納得できる方法で火葬や埋葬を行うことをおすすめします。

ペット火葬で注意しなければいけない事その⑤火葬後のペット法要とペットの忌日を理解

ペット火葬も人間のお葬式や法要と同じく、火葬後のペットの法事・法要というものが存在します。
ペット火葬を終えて納骨および供養も終わると飼い主さんも一段落ということになりますが、その後の法要をどのようにするのが良いのか人間と同じく初七日や四十九日ってあるのだろうか、このような疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
ペットの法要は人間と同じで冥福をお祈りする大切な行事であり、この行事のことを忌日と呼びます。
民間のペット葬儀の専門の会社やペット霊園などでは忌日に法要を行うことが可能です。
一口に仏教といっても宗派などにより考え方は様々な解釈があるのですが、ペットにも魂が存在していて四十九日や一周忌を迎えた際に極楽に行けるようお経を唱えて貰うなどの善事を行うことになるわけです。
なお、犬や猫などのペットもは、初七日と四十九日が一般的ですが人間の場合はお墓への納骨は四十九日を迎えたときなどからも、ペット火葬後は自宅で保管するなどのケースも多いようです。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の豆知識

このサイトでは大切にしていたわんちゃんや猫ちゃんを亡くしてしまった時に備え、ペット火葬についてぜひ覚えておきたい豆知識などを紹介していきます。火葬を行うことにおける魅力や注意しておきたい点、そして火葬の主な流れや事前に準備しておきたいことなどについても詳しく触れていきます。いざという時に慌ててしまって「こんなことしてあげたかったな」など後になって後悔しないないためにも、事前にしっかりと基礎知識を学んでおきましょう。

Search